日常の生活や移動手段としてクルマは欠かすことのできない存在です。特に、地方ではクルマは生活必需品であり、下の図のとおり、一世帯で複数台数を持たざるを得ず、自動車にかかる税金は大きな負担となっています。
公共交通機関が整備されている都市部と比べると、その差は歴然としています。このような、自動車に対する重い税は直ちに改められるべきです。



自家用乗用車の市町村別普及の状況(一世帯当たりの保有台数)




        ※全国1,750市町村(東京特別区を含む)を集計対象とした
        ※保有台数には軽自動車を含む ※データは平成22年3月末時点  出典:自検協、全軽自協 他



 次へ(新車を購入した場合)


Copyright(C) Automobile-tax system reform forum All rights reserved.